2018年6月の特別ゲスト

2018年6月の特別ゲスト

2018年6月の特別ゲスト:アシルバード・ザイアンチック(ブラジル)

瞑想歴20年の講師が特別ワークショップを開催。初心者にはわかりやすく、経験者にも手応えのある内容です。シュリ・チンモイのハートの瞑想を学び、自宅で毎日できる実践法を試してみませんか? アシルバード講師はこれまで南米アメリカ、ヨーロッパ、アジアの各地で瞑想ワークショップを行ってきたベテランです。シンプルで深いアプローチ法が好評です。(無料。英語、通訳つき)
詳しくは 090-8213-1117 (武藤)にお電話いただくか、お問い合わせフォームからどうぞ。勝手ながらご連絡はお電話でさせていただいています。ありがとうございます。
  • ながら
    乍ら
    [nagara]

    while; during; as; while; although; though; despite; in spite of; notwithstanding; all; both; as (i.e. “as always”, “as long ago”); in (i.e. “in tears”)

  • [na]

    (sentence end, mainly masc.) indicates emotion or emphasis; (used with masu stem verb) command; (used with dictionary form verb) prohibition

  • [na]

    seven

  • [na]

    name; reputation

  • [na]

    (ceremony of) driving out evil spirits

  • [na]

    I; you

  • [na]

    I; you

京都市・スペシャル・イベント その1(10月初旬スタート) 無料の瞑想ワークショップ(英語・通訳付き)

京都市・スペシャル・イベント その1(10月初旬スタート) 無料の瞑想ワークショップ(英語・通訳付き)

アビシャルの特別瞑想ワークショップ(英語・通訳付き)・京都市

「瞑想を学ぼう!〜忙しい毎日に平和とバランスを見つけるには〜」

abishar meisou waakushoppu 瞑想歴23年、ヨーロッパのチェコ出身アビシャル・ラジャさんが来日し、特別瞑想ワークショップ(初級コース)を行います。奮ってご参加ください。 瞑想を1度もしたことのない方も、すでに試されたことのある方も、気軽に体験していただける練習法を幾つかご紹介します。お家で毎日の生活に取り入れやすい瞑想の仕方を学んでみませんか。 このワークショップでは、以下のようなトピックに触れます。

  • 心の落ち着きを得る
  • もっと幸せで満足感のある毎日にするには
  • 自分の内的な源とつながる
  • 対人関係を向上させる
  • 賢い判断ができるようになるには
  • 直観力を強め、信じる心を深める
  • 心と頭のバランスをとる
  • 自信をつける
  • 愛情を育む
  • 人生の目的を見つける

特別講師 アビシャル・ラジャ シュリ・チンモイに師事して23年。チェコのプラハ出身。毎日の瞑想は生活のすべての側面の助けになっていると思っています。これまで20余カ国で瞑想ワークショップを行ってきており、受講生は数千名に及びます。ワークショップでは、現代生活の中で精神的なライフスタイルをどう送っていったらいいか、実践的なアドバイスをしています。 現在はイギリスをベースに出版関係の仕事に携わる傍ら瞑想ワークショップを各地で行っています。日本が大好きで、すでに数回来日しており、今回も京都で瞑想に興味のある皆さんにお会いできるのをとても楽しみにしています。

参加申し込み方法:

アビシャルの特別瞑想ワークショップ「瞑想を学ぼう!〜忙しい毎日に平和とバランスを見つけるには〜」に参加してみたい方は、お問い合わせフォームからご連絡ください。詳しいスケジュールや場所が決まり次第、こちらからご連絡いたします。または、075-203-0383にお電話いただき、お名前とお電話番号を伝言に残してくだされば、こちらから折り返しご連絡いたします。

京都市・スペシャル・イベント その2(10月中旬) 「スポーツ・瞑想・自分を超える〜5000キロ完走の体験から〜」

京都市・スペシャル・イベント その2(10月中旬) 「スポーツ・瞑想・自分を超える〜5000キロ完走の体験から〜」

スペシャル・トーク(英語・通訳付き)・京都市

「スポーツ・瞑想・自分を超える〜5000キロ完走の体験から〜」

by プラディープ・ホウガッカー

pradeep meisou supootsu

3100マイルレースで52日目を走るプラディープさん(奇しくも33歳の誕生日)

 

オランダ出身のプラディープ・ホウガッカーさん(39)は、世界最長公認レース「シュリ・チンモイ セルフ・トランセンデンス 3100 レース」の数少ない経験者です。3100マイルは5000キロ弱にあたりますが、これを2011年に54日弱で完走しました。これは1日あたりフルマラソンを2.5回弱毎日走り続けなければ完走できない距離であり、体力だけでは到底到達しようのないゴールでしょう。

瞑想歴18年であり、このとてつもないレースを走ることになった動機についてこう語っています。

「瞑想をする中で学んだのは、ハートの声に耳を傾けることで幸せになれるということです。何年か瞑想するうちに、もしハートの声を聞かなければ、いつかそれが自分に返ってくるとわかってきました。ハートは魂の住処です。何かしたい、何かになりたいという思いが湧いたら、魂は喜びや内側のワクワク感でそれがいいことだと教えてくれます。このハートのワクワク感に従って行動するのがいい、とわかってきます。

3100マイルレースは初めて耳にした時から心惹かれるものがありましたが、2005年にレースを見に行った時ハートのワクワク感を感じました。それから準備に6年を要しましたが、最初のワクワク感を忘れず、『これが自分の魂のしたいことなんだ』と確信していました。」

オランダ第3の都市デン・ハーグでオーガニック食材店経営、輸入業に携わる傍ら、15年前からシュリ・チンモイ センターの友人と共に一般向け瞑想ワークショップを行ってきました。

「今回のトークでは、この3100マイルレース中の精神面、内的な経験を中心にお話ししたいと思っています。もちろんランニングそのものについても触れます。ランニングはじめ、スポーツをしている方、またしていない方も、ぜひ聴きに来てください。聞いてみたいこと、疑問に思っていることなど、何でも気軽に聞いてくださいね。日本に行くのはこれが初めてなので、日本の皆さんにお会いできるのを今からとても楽しみにしています。」

参加申し込み方法:

プラディープのスペシャル・トーク「スポーツ・瞑想・自分を超える〜5000キロ完走の体験から〜」を聴きにいらしたい方は、お問い合わせフォームからご連絡ください。詳しいスケジュールや場所が決まり次第、こちらからご連絡いたします。または、075-203-0383にお電話いただき、お名前とお電話番号を伝言に残してくだされば、こちらから折り返しご連絡いたします。

アシルバードの特別瞑想ワークショップ・京都市

アシルバードの特別瞑想ワークショップ・京都市

ashirvad meisou kurasuby Harashita Sunaoshi

アシルバードの特別瞑想ワークショップ

シュリ・チンモイの瞑想を実践している生徒は世界中にいますが、皆個性豊かで、瞑想を通して自分を発見し向上させていこうというアスピレーションがあり、とても刺激になります。

そんな中でも特に日本が大好きで、このところ毎年来日してくれるブラジル出身のアシルバードが去る5月に京都で特別瞑想ワークショップをしました。シュリ・チンモイの瞑想ワークショップは無料なため、来日してくれる方も迎える方もボランティアです。でも家族または昔からの友人を迎えるような感覚になり、チラシまきなど準備はちょっと大変ですが楽しい作業です。

初日はレストラン スジャータ2階のキャパを大幅に超える20数名が来てくださり、大盛況。でもちょっと座りにくかったことと思います。参加者の皆さん、次回は会場について改善していきますので、これに懲りずにまたご参加くださいね!

meisou kurasu keeki 皆さんが帰られた後で、アシルバードにお祝いのケーキが。実はこのほんの一週間前、ニューヨークで6日間レースに初出場、完走したのです!このレースは6日間でどれだけの距離を走れるかを競うもので、いつ休憩や仮眠をするかも自由。ランナーの設営したテントが点在する公園の周回コースを走り続けます。世界中から色々な人が参加して、とてもカラフルです。「競う」と書きましたが、「自分と闘う」という方が正しいでしょう。天候・怪我・内的な感情の起伏など色々なことが起こる中、走り続けるのですから。そしてランナーの充実感にあふれた笑顔も印象的です。

瞑想を実践すると色々な変化が現れてきますが、その一つが、自分でも知らなかった才能や良いところが開花してくる、ということです。シュリ・チンモイは、瞑想は「魂にご飯をあげることだ」と言っていますが、栄養をもらった魂は元気になり、その本来の資質やエネルギーが前面に出てくる、ということなのでしょう。

アシルバードは大学の時瞑想を始めましたが、当時は人嫌いで親戚の家に行くのも嫌だったとか。それが今は世界中を回って瞑想ワークショップをして、色々な文化の人と出会う日々です。仕事柄、コンピューターや音響関係の知識が豊富で、コンサートツアーの音響スタッフとしても世界を回っています。

アシルバードの特別瞑想ワークショップ